子どもが自分で考え行動できるようになる『自分でできる子に育つほめ方叱り方』アイキャッチ画像

子どもが自分で考え行動できるようになる『自分でできる子に育つほめ方叱り方』

今回は『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』を紹介します。

本書はエビデンスに基づく最新教育メソッドを、褒め方・叱り方を中心に解説する育児書です。

褒めるとき・叱るときの声のかけ方は、親にとっては毎日のこと。つい反射的に呼びかけをしてしまいますが、実は、褒め方や叱り方は子供の学力や人間力にも大きくかかわってきます。

将来子どもの才能を開花させたい人は、ぜひ本書をチェックしてみてください。

なお本書は3歳から12歳の子どもを対象にしていますが、0~2歳からでも効果があるため、ぜひ試してみてくださいね。

※このブログに記載されている情報は執筆当時のものです。

目次

  • はじめに

第1章 親の声かけ次第で子どもはすくすく成長する

  • 01そのほめことばが、子どもの自主性を奪う
  • 02「条件付き子育て」の怖いデメリット
  • 03「無条件子育て」をするための5つの条件
  • 04無条件子育ての原則1 ほめ方、叱り方に気をつける
  • 05無条件子育ての原則2 「子ども」に対するイメージ(見方)を見直す
  • 06無条件子育ての原則3 子どもにとってよきリーダーでいる
  • 07無条件子育ての原則4 子どもへの要求を考え直してみる
  • 08無条件子育ての原則5 子育ての長期的なゴールを持つ

第2章 自分でできる子に育つほめ方

  • 01 安易な「ほめて伸ばす」には要注意!
  • 02 3種類のほめ方、どれが正解?
  • 03 〝おざなりほめ〞と〝人中心ほめ〞がNGな4つの理由
  • 04 ほめるときの3つのポイント
  • CASE01 字が上手に描けたとき
  • CASE02 お手伝いをしたとき
  • CASE03 友達に優しくできたとき
  • CASE04 見た目を褒めるとき
  • CASE05 自分で服を着られたとき
  • CASE06 パパの似顔絵を描いたとき
  • CASE07 横断歩道を渡れたとき
  • CASE08 発表会などがうまくいったとき
  • CASE09 トイレでおしっこができたとき
  • CASE10 テストの点数がよかったとき

第3章 自分でできる子に育つ叱り方

  • 01 罰を与える叱り方がNGな4つの理由
  • 02 褒美と罰、2つの落とし穴
  • 03 上手な叱り方の3つのポイント
  • 04 子どもが育つ叱り方1 「ダメ!」「違う!」をできるだけ使わない
  • 05 子どもが育つ叱り方2 結果ではなく努力やプロセスに目を向ける
  • 06 子どもが育つ叱り方3 好ましくない行動の理由を説明する
  • 07 子どもが育つ叱り方4 親の気持ちを正直に伝える
  • CASE01 壁に落書きをしたとき
  • CASE02 落ち着いて座っていられないとき
  • CASE03 ティッシュ箱にいたずらをしたとき
  • CASE04 部屋を散らかしているとき
  • CASE05 ジュースをこぼしてしまったとき
  • CASE06 スーパーでだだをこねるとき
  • CASE07 友達を叩いたとき
  • CASE08 テストの点数が悪かったとき
  • CASE09 なかなか宿題をしないとき
  • CASE10 門限を守らないとき

第4章 子どもとつながる聞く習慣

  • 01 子どもがのびのび育つアクティブリスニング(傾聴)
  • 02 アクティブリスニング4つのポイント
  • 03 実際にアクティブリスニングをやってみよう
  • 04 子どもとぶつかる7つの習慣
  • 05 子どもとつながる7つの習慣

5章 こんなとき、どうすればいい?Q&A

  • Q1. 年齢別に対応を変えるべき?
  • Q2. 厳しく叱らないと言うことを聞きません。
  • Q3. 「ゲームは1日30分」を守らせるには?
  • Q4. 祖父母による甘やかし。どう対応すればいい?
  • Q5. 子どもの偏食、どうすればいい?
  • Q6. もう中一の子ども。今さら効果ある?

 

  • おわりに
  • 無理しない子育てを!

『自分でできる子に育つほめ方叱り方』内容紹介

『モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くした オックスフォード児童発達学博士が語る 自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』の中から、特に参考になった内容や本書の便利なポイントを紹介します。

はじめに

私(著者)が教員になりたての頃、早くも字を書き終わった子に対して「すごいね!早かったね!」と褒めたことがありました。

そのあと、この子どもは毎回のように一目散に作業を終わらせて私のところに見せに来るようになりました。

時間をかけたり、自分の好きなようにアレンジすることもなく、私に褒めて欲しいがために「早く終わらせる」ことだけに集中するようになってしまったのです。(中略)

よっちゃん
子どもの行動の目的が「褒めるというご褒美」になってしまい、子どもが本来やりたかったことの妨げになる可能性があるということ‥‥
本書では「褒める」「叱る」の難しさが語られています

第2章 自分でできる子に育つほめ方(CASE07 横断歩道を渡れたとき)

(「お利口さんだね!」と褒めるのは、NGな叱り方)

(子どもに)伝えたいメッセージは「お利口さん」だからきちんと規則を守るということではなく、安全上必要なことだからということです。

第3章 自分できる子に育つ叱り方(CASE01 壁に落書きをしたとき)

大人が「ダメ」だと決めていることを子供が知らないことは多くあります。紙も壁も幼児にとってはお絵描きのキャンバスであって、悪いことをしようと思ってやっているわけではありません。

子どもの行動を急いで判断して叱る前に、まずども自身がなにをしたかったのかを子どもの目線で考えてみましょう。

何がしたかったのかを理解したうえで、それでもやはり許容範囲外の行為であれば、別の方法を子どもと一緒に見つけられるように声をかけてみましょう。

第3章 自分でできる子に育つ叱り方(CASE04 部屋を散らかしているとき)

まずは「だらしない」と決めつける前に、子どもが片付けをしやすい収納環境が整っているのかを確認してみましょう。

また、大人の水準に合わせた片付けの完成度やスピードを子供に無理に求めないことも大切です。

読んだ人の口コミ&評価

良い口コミ

★★★★★
具体的なほめ方叱り方や、アクティブリスニングの手法などいますぐ現場で活用できる具体的なテクニック満載。なんだけど、テクニック論だけでなく、子どもと向き合うマインドセットや良い習慣に至るまで、学術的なエビデンスに基づいて紹介してあって、奥行きの深い本でした。


★★★★★
「目からうろこ」が2~3割、残りは「わかっちゃいるけど、つい・・」というに対する具体的なアドバイスで、学びもあり、今日から改善・実践できる事例もあり、個人的には参考になりました。

 

悪い口コミ

★☆☆☆☆
期待しすぎていたせいか、物足りない内容でした。もう少し具体的な行動や言葉かけが記載されていると助かるなと思いました。

★★☆☆☆
仕事や家事を抱えてメンタルをすり減らしながら育児に取り組んでいる夫婦、あるいはシングルの方には、とてもここまでやりきる精神的な余裕はないと思います。

【感想】よっちゃんも読んでみた

よっちゃん
「えらい!」「すごい」が悪影響になる可能性は盲点だった!

モンテッソーリ教育とレッジョ・エミリア教育という二つのオルタナティブ教育んを学んだ博士が執筆した本書。

「自分の誉め方・叱り方は正しいのかな?」と悩んでる人おすすめの一冊です。なかでも、「どんな子供になってほしいか」を考えて叱るという項に書いてあった『「大人になったら自立して自分で考えられる人になってほしいけど、子どもの間は親に従っていてね」というのは大きな矛盾ですよね』という内容に、思わず納得。

 

声掛けの内容はNG/OKともに具体的な声掛け例が書いてあり、比較しながら読めます。

なかにはこれは褒めているのか?という例文もありましたが、子どもに対する提案としては良いなと感じました。

また声掛けは子どもの返答などによっても変わるため、すぐに実際に取り入れるのは難しいかもしれませんが、やらないよりやった方が良いとは思いました。

巻末には、エビデンス(医学的根拠)をまとめているページも。やはりエビデンスを明記している育児書は信用度も段違いでいいですね。

『自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方』概要

著者島村 華子
ページ数193ページ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
発行日2020年4月17日

まとめ