赤ちゃんが一人で眠れるねんトレ本『家族そろってぐっすり眠れる 医者が教える赤ちゃん快眠メソッド』アイキャッチ

赤ちゃんが一人で眠ればママもパパも優しくなれる!今おすすめのねんトレ入門本『家族そろってぐっすり眠れる 医者が教える赤ちゃん快眠メソッド』

「赤ちゃんが寝てくれない」

「睡眠不足でこっちがイライラ」

今回ははこのような悩みを抱えるママやパパにおすすめしたいねんトレ本『家族そろってぐっすり眠れる 医者が教える赤ちゃん快眠メソッド』を紹介します。

 

本書はエビデンスも明らかにされている情報がメイン。インターネットに溢れる根拠のない情報とは信用度が違います!

サクサク読み進めたい派の人、しっかり学びたい派の人どちらにもおすすめできる1冊です。

家族そろってぐっすり眠れる 医者が教える赤ちゃん快眠メソッド [ 星野 恭子 ]

※このブログに記載されている情報は執筆当時のものです。

目次

  • はじめに
  • 毎日6時間ぐずり続ける子が3日で即寝体質に!
  • 個人差を超えて、赤ちゃんの睡眠についていえること
  • ねんトレは、一生役立つ赤ちゃんへのプレゼント
  • お医者さんに診てもらったほうがよい5つのケース

第1章 朝6〜7時に起こせばすべてがうまく回りだす

  • 夜寝つけない赤ちゃんにこそ、早起きが大事な理由とは
  • ばっちり目が覚める朝のルーティーン
  • 日中にしっかり体を動かして

第2章 月齢ごとの最高の睡眠時間

  • お昼寝は多すぎても少なすぎてもNG
  • 睡眠が足りないと将来太りやすくなる
  • 「お昼寝計画」で夜もぐっすり眠れる
  • 保育園での多すぎるお昼寝、少なすぎるお昼寝の対処法
  • スケジュールが合わないときは「起きている時間」で微調整
  • 最適な寝かしつけタイミングがわかる8つのサイン
  • 「昼のルーティーン」でお昼寝がスムーズになる

第3章 明るさ・温度・音を調整して最高の寝室にする

  • 寝つきやすい寝室を作る7つの条件

第4章 脳の興奮を抑えて自然と眠くなる夜のルーティーン

  • 「ルーティーン」をマネするだけで夜リラックスできる
  • 生後3カ月〜5歳まで使える夜のルーティーン
  • 生後0〜2カ月の夜のルーティーン

第5章 生後0〜5カ月の夜泣き・寝ぐずり対策

  • 寝かしつけが手厚すぎると逆に夜泣きが増える
  • 生後0〜2カ月の夜泣き・寝ぐずり対策
  • 生後3〜5カ月の夜泣き・寝ぐずり対策

第6章 生後6カ月からのねんトレで夜泣きをゼロにする

  • 「ねんトレ」で「一人で寝つくスキル」を身につける
  • 赤ちゃんが自力で寝つく体質になる4ステップ
  • 最初の3、4日がまんすれば寝つきが格段によくなる!
  • 親の不安を事前になくせばねんトレは成功する

第7章 赤ちゃんと子どもの睡眠お悩み相談室

  1. Q1 母乳・ミルクはどちらがよい?
  2. Q2 離乳食を早く始めたほうが寝つきやすい?
  3. Q3 赤ちゃんがうつ伏せで寝てしまう。仰向けに戻すべき?
  4. Q4 「もう1冊絵本を読んで」などといって寝ようとしない
  5. Q5 子どもが怖い夢を見て眠れないとき、どうしたらいい?
  • おわりに
  • 巻末付録 ちょっとくわしい「エビデンス」の話
  • 参考文献とその解説

『家族そろってぐっすり眠れる 医者が教える赤ちゃん快眠メソッド』内容紹介

『家族そろってぐっすり眠れる 医者が教える赤ちゃん快眠メソッド』の中から、特に参考になった内容や本書の便利なポイントを紹介します。

P1. まずはこれだけ!夜泣きが減るカンタン4ステップ

  • ステップ1 午前6~7時に起こすと夜に自然と眠くなる
  • ステップ2 19時にお風呂に入れて寝る準備をさせる
  • ステップ3 20時になったら起きているうちにお布団へ
  • ステップ4 寝室はできるだけ暗く 室温は冬19℃、夏26℃

P64. 最適な寝かしつけタイミングがわかる8つのサイン

赤ちゃんは眠くなってもあくびをしたり目をこすったりするとは限りません。

手をばたつかせたり、ハイテンションで興奮したりするような様子も、眠くなってきているサインです。

それを通り越してしまうとぐずったり泣いたりしますが、そうなると寝かしつけは難しくなってしまうことがあります。

よっちゃん
8つのサインが可愛いイラストでまとめられています。なかには「飽きっぽくおもちゃを次々に取り換える」など意外なサインも。

P74. 寝つきやすい寝室を作る7つの条件

照明の常夜灯をつけたまま眠っていたり、夜中に赤ちゃんが目を覚ますと明るく電気をつけてしまったりするケースがよく見られます。

実は、これは逆効果なのです。

P106. 「ルーティーン」をマネするだけで夜リラックスできる

夜のルーティーンには、ママ・パパの行動を通して、就寝時間だと赤ちゃんに教える目的もあります。

赤ちゃんはまことばだ言葉も完全にはわからず、時計も読めません。

寝る前に毎日同じ流れで同じことをすることで、「この流れになったら就寝時間だ」という条件づけをしてあげる必要があります。

よっちゃん
月齢別に具体的なルーティーンを示してくれるので、参考になります。

P124. 寝かしつけが手厚すぎると逆に夜泣きが増える

抱っこや授乳、添い乳といった手厚い寝かしつけが夜泣きや寝ぐずりに逆効果となっていることがあるからです。(中略)

一部の赤ちゃんは、手厚すぎる寝かしつけに慣れてしまい、手助けなしには寝つけなくなります。

そんな赤ちゃんが夜中に目を覚ますと、夜泣きをしてママ・パパに手厚い寝かしつけを要求します。

P157. 親の不安を事前になくせばねんトレは成功する

ねんトレをすることで、ママ・パパが十分に睡眠をとれるようになると、体力的・精神的に余裕が出てきます。

赤ちゃんが何を求めているかを丁寧にくみとって、落ち着いて対応できるようになりますし、日中も笑顔で遊んであげられるようになります。

読んだ人の口コミ&評価

良い口コミ

★★★★★
悩み別であったり、月齢別に説明されているのですごく見やすかったです。そして、様々な医学的根拠に基づいたお話をされているので、よくネットであるような体験談でのお話じゃないことからかなり信用できる内容でした。


★★★★★
これまで読んだ乳幼児の睡眠に関する本の中で、最も多くエビデンスが紹介されていて、どの程度信頼できるかまで言及してくれてます。愛情論や精神論がないので、私はかなり好き。今までネントレうまくいかなかった人ほど勧めたいです。

 

悪い口コミ

★☆☆☆☆
エビデンスに基づくネントレ本と言うことで、書いてあることは興味深く読んだが、寝かしつけの時に親が介入しなければ夜泣きはなくなるはずと断言されているのが気になった。

★★☆☆☆
とてもわかりやすく書いてあり、早速実行したが、兄弟がいると夫の協力があっても無理。一人目ならやる価値あるかも。

【感想】よっちゃんも読んでみた

「寝付く時に親がずっと一緒にいる赤ちゃんは夜泣きする確率が高い」という調査結果から、本書では全体を通して「赤ちゃんが一人で眠れること」を目標とし、生活習慣や寝室環境、毎日のルーティンなど赤ちゃんが「いつも通り安心して」眠れるようになる方法が紹介されています。

 

本書では、1ページ目からすぐに実践できる「夜泣きが減るカンタン4ステップ」が紹介されており、すぐに取り組めるのが嬉しいポイント。

夜泣きに参って読書する元気がない時でも、まずはこの4ステップから始められます。

我が家でも全てをいきなりはできないので「できることから」取り入れてみましたよ!

よっちゃん
当時6か月の息子を19時に寝かしつけるようにしたところ、1歳の今19時~7時までぐっすり眠っています。

 

また、本書ではねんトレに対する疑問や不安をQ&A方式で解説しており、その内容は目次からもチェックできます。

気になるページから読めるので、忙しいときや疲れているときでも読みやすくていいな~と思いました。

よっちゃん
信用できるエビデンス(根拠)付で安心!

エビデンスとは、科学的根拠のことです。いまどき育児に関する情報はネットにたくさん溢れていますよね。

しかし、多くの情報は大手サイトのコピペだったり、知らないお医者さんが監修してたりと何を根拠にした情報がわからないものがほとんど。

「どの情報を信じていいのかわからない!」というママも多いはず。

本書では巻末にエビデンスがまとめられています。URLが書いてあるエビデンスもありにわかには信じられないような情報があっても「自分の目で確かめる」こともできるのは良いですね。

『家族そろってぐっすり眠れる 医者が教える赤ちゃん快眠メソッド』概要

著者著者 森田 麻里子/監修者  星野 恭子
ページ数244ページ
出版社ダイヤモンド社
発行日2020年1月16日

まとめ

家族そろってぐっすり眠れる 医者が教える赤ちゃん快眠メソッド [ 星野 恭子 ]