ゆるモンテッソーリにぴったり『マンガでよくわかる モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』:アイキャッチ画像

ゆるモンテッソーリにぴったり『マンガでよくわかる モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』

今回紹介する本は「0歳から天才を育てる乳幼児親子教室」の代表理事を務める著者が自身の経験をもとに、モンテッソーリ教育とハーバード式の教育方法について解説している本です。

その名も『マンガでよくわかる モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』。

子どもの自主性を伸ばすモンテッソーリ教育と、子どもがもつ9つの知能を伸ばすハーバード式の合わせ技。

難しいように感じるかもせ入れませんが、マンガsでサクサク読めますよ!

これからの幼児教育に興味がある人はぜひチェックしてください。

※このブログに記載されている情報は執筆当時のものです。

目次

1章 いたずらする!言うこときかない! 子どもの行動のヒミツ

  • 困った行動にイライラしちゃう
  • 親にとってはフシギな行動だけど‥‥
  • 気持ちを許された子は、ぐんぐん才能を伸ばす
  • 親自身も育児が楽しく、気持ちがラクになる
  • いつも叱られがちな子どももいきいきする!

2章 自立心と集中力がしっかり育つモンテッソーリの教え 6歳までの育て方で未来が変わる

  • 自分の頭で考え、自分で人生を選択できる子になる
  • 0~3歳の脳が「もっとも吸収する」
  • 一番大切な脳の成長期に親があげられるプレゼント
  • 活きるベースになるさまざまな能力も6歳までに決まる
  • 「集中力」の秘密
  • 「集中力」に必要な「フロー」とは?
  • 「フロー」に入るために「5つのステップ」を踏もう!

3章 ハーバード式 世界にはばたく才能を伸ばす「9つの知能」

  • 学力以外の多彩な「9つの知能」を見つけてあげよう
  • バランスよく全部が正解! 
  • 運動神経抜群になる!「体」の知能
  • 優れた表現力を持つ!「言葉」の知能
  • 論理的なアタマになる!「数」の知能
  • クリエイティブな才能が育つ!「絵」の知能
  • 感受性が豊かになる!「自然」の知能
  • 卓越したセンスが身につく!「感覚」の知能 
  • リズム感が育つ!「音楽」の知能
  • 豊かなコミュニケーションがとれる!「人」の知能
  • 決めた目標が達成できる「自分」の知能

4章 モンテッソーリ流 子どもへの「接しかた8カ条」

  • 接し方1 全てを受け入れる
  • 接し方2 自分で選ばせる
  • 接し方3 信じて、待つ
  • 接し方4 満足するまでやらせる
  • 接し方5 子供に解決させる
  • 接し方6 間違いを訂正しない 
  • 接し方7 子供と「楽しい!」を共有する
  • 接し方8 自然の中で遊ぶ 

5章 モンテッソーリで大切にしている 0~6歳の育て方

  • 0歳 「これってなんだろう…?」とにかく好奇心のかたまり!
  •  キーワード「探究心」
  • 1歳 「できた!できた!」の連続が楽しい
  • キーワード「自分で決める」
  •  2歳 自分でやってみよう!「やりたい、やりたい」の時期
  • キーワード「やる気満々」
  • 3歳 最後までやり抜きたい!充実感と満足を味わいたい
  • キーワード「達成感(やり抜く力)」
  • 4歳 自分でやりたいことならちゃんと待てる! 
  • キーワード「待てる力」
  • 5歳 イメージを膨らませてどんどん遊びたい!
  • キーワード「新しいものを作る」
  • 6歳 仲間と一緒にやり遂げるのが楽しい!
  • キーワード「協調性」

 

  • あとがき 光り輝く子どもたちを未来へ 

『モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』内容紹介

『モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』の中から、特に参考になった内容や本書の便利なポイントを紹介します。

気持ちを許された子は、ぐんぐん才能を伸ばす

親に好きなことをやらせてもらえた子は、ママやパパを信頼するようになります。

そして安心して、もっともっと好きなことに集中できるようになります。

(中略)子どもにやりたいことをやらせてあげても、「ワガママ」にはなりません。むしろ、「許してもらえた」信頼感から、子供をきちんと自分をコントロールできるようになっていきます。

自分の頭で考え、自分で人生を選択できる子になる

(モンテッソーリ教育の)

基本的な考え方は、「子供は自らを成長させ、発達させる力を持って生まれてくる。大人である親や教師は、子供の成長欲求を汲み取りと自由を保障し、子供たちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」というもの。(中略)「言われたことを素直にやる子」や「指示待ちの子」ではなく、「自分の頭で考え自分で人生を選択できる子」に。まずは家庭での親の関わり方から変えてみましょう

自由にできる環境で育てられた子供は、自分が伸ばしたい能力を伸ばし、自分の頭で考えて行動していける大人に育ちます。そして将来、社会に出てからも、いわゆる「指示待ち」ではなく、自ら新しいものや価値観を生み出していくことができるようになるのです。

モンテッソーリ流 子どもへの「接しかた8カ条」接し方2 自分で選ばせる

どんなに小さな赤ちゃんでも、自分で選ぶ力と意志を持っています。

人生は選択の連続です。その1つひとつの場面で、自分にふさわしい選択をできるかどうかで人生が大きく変わってしまうこともあります。小さい頃から自分の意思で選ぶ経験を積み重ねることで、大人になっても周囲の意見に振り回されることなく、自分自身が納得がいく人生の選択をすることができるようになります

モンテッソーリ流 子どもへの「接しかた8カ条」接し方6 間違いを訂正しない

子供は失敗することで学び、成長して行きます。 (中略)
大人はつい子供のやり方が間違っていると「そうじゃないよこうでしょ」と間違いを正したくなるもの。しかし、これは逆効果です。子供は自尊心を傷つけられてしまいます。
物事を正しいやり方で行うよりも、失敗して自分で考えることの方が大事。(中略)

自分で気づくことができた子供は、自分でやり直したり、大人にやり方を質問したりしてくるもの。そしてそのプロセスから成功するために必要なことを学び、自信をつけていくのです 。

読んだ人の口コミ&評価

良い口コミ

★★★★☆
子供を信頼する。枠組みを決めてその中で自分で考えて行動してもらう。親は子供の成長を支援する存在に徹する。というモンテッソーリ教育の考え方を紹介しています。
ただ、例えば、子供のわがままに対してなど、「現実的にそれを貫けるのか?」と思わないでもない場面が多く、これを最初の一冊としながら、実際に実践しながら悩みながら教育を考えていく必要があると感じました。


★★★★★
漫画形式なので育児で睡眠時間が少なく疲れていても、楽に読めました。
たくさんモンテッソーリ系の育児者を読みましたが、一番、日常で子供にできることが具体的に書かれていた本でした。

 

悪い口コミ

★☆☆☆☆
kindleに向かない本。「マンガでわかる」というタイトルですが、マンガでストーリーが進むものではありませんでした。基本的に文章で説明し、まとめ的にマンガが使われているものです。その漫画部分、Kindleとサイズが合っていないようです。

★★☆☆☆
モンテッソーリというタイトルが入っていたので一通り目を通しましたが、モンテッソーリについてはごく軽く触れられているだけで、本当にモンテッソーリを知りたいなら他の書籍を読んだほうがよいと感じました。

【感想】よっちゃんも読んでみた

よっちゃん
がっつりモンテッソーリよりは「ゆるモンテッソーリ派」な人におすすめな本

「マンガでよくわかる」というタイトルですが、メインのコンテンツは文章が中心で要点やまとめ部分がマンガで展開されいます。

とはいえ読みづらいわけではなく、気楽に読みたいときはマンガ部分だけ読んで、もう少し読めそうなときはラインが引かれた部分、余裕がある時は本文を全て、と自分のペースで読めていいなと思いました。

内容は、「THEモンテッソーリ教育」というわけではなく、モンテッソーリ教育やハーバード式教育を学んだ著者によるオリジナルメソッドです。

そのため、「モンテッソーリ教育について詳しくなりたい!」という人にはちょっと物足りないかも。

子どもが1~3歳くらいで、「幼児教育はゆるくやりたい」という人は、この本で新しい視点や考え方を得られると思います!

『モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』概要

著者著者 伊藤 美佳/絵 齊藤 恵
ページ数184ページ
出版社かんき出版
発行日2020年2月19日

まとめ